News and Events

トピックス

  • 2021年 世界緑内障週間 ライトアップinグリーン運動に協賛

    ~トプコン本社を緑内障のシンボルカラー グリーンでライトアップ~株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)及び株式会社トプコンメディカルジャパン(代表取締役社長 :佐伯 僚一) は、緑内障の認知と啓発のための国際的なイベントである世界緑内障週間(3月7日~13日)において、昨年に引き続き日本緑内障学会が展開する、各地のランドマークや建物をグリーンにライトアップする「ライトアップ in グリーン運動」に協賛し、3月7日(日)から13日(土)まで、東京・板橋区の本社の一部を緑内障にちなみグリーンにライトアップします。「世界緑内障週間」 は、2008年から世界緑内障連盟(World Glaucoma Association)と世界緑内障患者連盟(World Glaucoma Patients Association)が主体となって世界一斉に行われている緑内障啓発のための国際的なイベントで、期間中は世界中で様々なイベントや啓発運動が行われます。日本緑内障学会が中心となった「ライトアップ in グリーン運動」は2015年から開催されており、2019年には108ヶ所、2020年には278ヶ所で実施されました。当社は、「医・食・住」に関する社会的課題を解決し、豊かな社会づくりに貢献するという経営理念のもと、緑内障をはじめとする眼疾患の診断・治療に関わる機器、システムの開発販売を行っています。今後も緑内障を皆様に知ってもらえる様協力して参ります。緑内障は、世界中の国で、中途失明の原因疾患として上位にランクされている重要な病気で、現在日本における中途失明原因の第一位です。一方で、緑内障は、早期に発見し早期から治療を継続すれば、進行を防いだり遅らせることが可能です。定期的に眼検診を受け、早期発見早期治療を継続することで、失明という危険性を少しでも減らすことができるのです。引用:日本緑内障学会HP https://www.ryokunaisho.jp/light_up/ja/static/wgwライトアップイメージ

  • TOPCON主催のGlobal Virtual Seminar “eyeRISE” 開催!

    2021年2月10~11日の2日間に渡り、トプコン主催のバーチャルグローバルセミナー”eyeRISE”を開催致します。各分野のKOLによる9つのシンポジウムセッションを、ウェビナー形式でお送りします。全編英語(字幕つき)のグローバル同時開催イベントとなります。当日LIVEでご参加いただけない場合にも、後日セミナー動画を配信予定です。eyeRISE概要日時  :2月10日(水)~11日(木)参加費 :無料言語  :英語(字幕付き)後日配信:あり(別途ご連絡)詳細は下記ボタンをクリックの上ご確認ください。https://www.youtube.com/watch?v=Ro-N9mEqRF0

  • シルモドール 2020 金賞受賞! ~MYAH~

    近視とドライアイのモニタリングデバイスであるMYAHがSilmo 2020 Material/Equipmentのカテゴリーで、Silmo D’Or賞(金賞)を受賞しました。「Silmo(シルモ)」は、年一回フランス・パリで開催され、世界各国から参加者が集う眼鏡の展示会です。今年はオンラインとストリーミングで開催されました。「Silmo D’Or」は「Silmo」で出展された商品の中で、革新的な眼鏡デザインやテクノロジーに対して与えられる賞です。MYAHは、円錐角膜のスクリーニングや瞳孔計を含む角膜トポグラフィ、コンタクトレンズフィッティング、眼軸長測定、また、分かりやすいドライアイ評価機能を1つに備えた器械です。本体はコンパクトで使いやすく、患者様の負担とならないよう素早く測定できる器械です。MYAHについての情報は、 https://topconmyah.com/もご覧ください。*MYAHはイタリア Visia Imaging s.r.l社の製造製品です。*MYAHは薬事未承認品です。

SEE MORE

ニュースリリース

  • 伊・眼科用医療機器メーカーVISIA Imaging社を買収 ~眼科診断機器メーカーとしての総合力強化を推進~

    株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野聡、以下「トプコン」)は、眼科用医療機器の設計開発・製造企業Visia Imaging S.r.l(本社イタリア、フィレンツェ郊外)の株式を100%取得しました。Visia Imaging S.r.l社(以下Visia社)は1993年に設立され、前眼部(角膜、水晶体などを指す)検査機器とそのソフトウェアを開発・製造するイタリアの企業です。この買収により当社の強みである眼底カメラやOCT(3次元眼底像撮影装置)などの眼底イメージング機器の開発・製造・販売力に、前眼部検査機器とそのソフトウェア開発・製造力が加わり、眼科診断機器メーカーとしての総合力の強化を目指します。当社は、これまで長年に渡りVisia社の視力表(CC-100 series)、角膜形状測定装置(CA-800)、 眼軸長・角膜形状測定装置(MYAH)、光学式眼軸長測定装置(ALADDIN)などの製品をトプコンブランドにて主に欧米市場で販売してきました。眼軸長・角膜形状測定装置(MYAH)VISIA社 主要製品(左から: 視力表(CC-100 series)、角膜形状測定装置(CA-800), 眼軸長・角膜形状測定装置(MYAH)・光学式眼軸長測定装置(ALADDIN))Visia社買収により、当社製品ポートフォリオの拡充やブランディング強化といったシナジー創出に加え、アイケア事業のグローバルな開発・製造体制の強化により、市場ニーズを的確に捉えた新製品の開発や供給の加速化を図っていきます。 また、近視の進行に伴う眼疾患の増加が、近年大きな問題となっており、Visia社が持つ検査機器および技術を活用した近視マネジメントソリューションの提供と共に、近視治療分野では他の企業とのコラボレーションも強化していきます。

  • トプコンとオムロン ヘルスケア 中国ヘルスケア事業で協業を深化

    ~生活習慣病の健診(スクリーニング)の普及を推進~株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野聡、以下「トプコン」)とオムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下「オムロン ヘルスケア」)は、中国で急増する糖尿病をはじめとする生活習慣病の健診(スクリーニング)の普及・拡大に向けた取り組みで、両社の協業を深化させることで合意しました。中国における健診(スクリーニング)需要の拡大中国では、高齢化や生活習慣の変化に伴い、高血圧や糖尿病をはじめとする様々な慢性疾患の増加が課題となっています。高血圧患者は推定3億3千万人、糖尿病患者は推定1億4千万人を超えるなど世界最大級の生活習慣病大国である為、中国政府は2016年に「健康中国2030」政策を発表し、生活習慣病を抑制する方針を打ち出しました。この指針に対し、オムロン ヘルスケアの中国子会社であるオムロンヘルスケア(中国)有限公司とオムロンメディカル(北京)有限公司は2016年より専門医、製薬会社、医療IT企業と共に病院内にワンストップで糖尿病患者の情報を管理し、合併症も含めた適切な診察を受けられる「メタボリックマネジメントセンター(MMC)*1」の展開を中国全土で進めています。MMCは2021年3月現在で760拠点を超え、早期に1000拠点を目指します。トプコンとオムロン ヘルスケアの協業についてトプコンは、このオムロン ヘルスケアの取り組みに対し、無散瞳眼底カメラ TRC-NW400*2を活用した眼底写真像に基づく糖尿病スクリーニングソリューションの提供に貢献してまいりました。そして、この度生活習慣病患者の増加による慢性疾患の合併症へのスクリーニング需要のさらなる拡大に伴い、両社の中国子会社間で締結していた代理店契約の内容を拡充し、従来のMMCに加え、中国全土に拡大する健診センターをターゲット顧客に加え販売を強化すること、また無散瞳眼底カメラに加え、眼圧計を製品ラインアップに追加することで合意しました。これにより、糖尿病などの生活習慣病に伴う合併症を診療する際、様々な診療科を受診しなければならないといった患者負担を大幅に軽減するとともに、適切なタイミングで適切な治療を受けられる医療環境づくりに貢献します。メタボリックマネジメントセンター(MMC)無散瞳眼底カメラ TRC-NW400.img-column { display: flex; justify-content: space-between; margin: 40px 0;}.img-column .wp-block-column { flex-basis: auto; flex-grow: 0; padding: 0;}.img-column .wp-block-column:nth-child(1) { width: 55.5%;}.img-column .wp-block-column:nth-child(2) { width: 38%;}@media (max-width:782px) {.img-column { display: block;}.img-column .wp-block-column:nth-child(1), .img-column .wp-block-column:nth-child(2) { width: auto; max-width: 280px; margin: 0 auto;}.img-column .wp-block-column:nth-child(2) { margin-top: 30px;}}トプコンとオムロン ヘルスケアは、中国で高まるヘルスケア需要に対応し、MMCや健診センターにおける慢性疾患スクリーニングで協業をさらに加速していきます。また、両社の協業を通じて、中国の人々の健康で健やかな生活へ貢献していきます。*1メタボリックマネジメントセンター(MMC)について 内分泌科をはじめとした糖尿病およびその合併症の各診療科に分散していた患者の情報を一元管理し、各診療科目での受診をワンストップでおこなうことができる病院内の仕組み。*2無散瞳眼底カメラ TRC-NW400について タッチパネル操作により熟練不要で簡単に眼底写真を撮影できます。また、PCを必要としないスタンドアロンの使用も可能で、移動健診等にも最適な製品です。 主に眼科や病院において広く使用されていますが、近年の眼底スクリーニングの需要の高まりにより、海外においては健診施設や眼鏡店、ドラッグストアでも活用されています。

  • 両眼同時測定、多機能、省スペース! 新・検眼システムChronos発売

    株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)は、レフラクションシステムChronosを発売致しました。Chronosは両眼視下でのオートレフ・ケラト測定と自覚的屈折検査が1台で実現できます。オートレフ、フォロプターと視力表が一体化された為、検査間の移動の手間や機器設置スペースを省き、これまでの視力測定に必要なエリアに比べ小さなスペースで二つの検査を実施することが可能です。タブレット操作にも対応しており、ソーシャルディスタンスを確保しながらの視力測定が実現できます。【Chronosの主な特長】■両眼同時他覚測定レフ・ケラト値は、両眼同時にオートアライメントによるワンタッチ測定です。自然な両眼視状態での他覚視力測定結果が得られます。■多機能オートレフ・ケラト測定に加え、電動フォロプターとチャート表示機能を搭載。両眼視下での自覚的屈折検査、両眼視機能検査も可能です。■省スペース1台で3役の機能を搭載。奥行きわずか120cmの設置スペース。■ソーシャルディスタンス対応検査中も目の状態がコントロール画面上で確認でき、すべての操作をタブレット端末で行います。ソーシャルディスタンスを確保した視力検査も可能です。【その他】発 売 時 期:2021年1月

SEE MORE

イベント

  • TODAY
  • EVENT

Upcoming Events