MYAH

角膜形状解析+眼軸長計測
マルチファンクショントポグラフィー

MYAH では、眼軸長測定と角膜トポグラフィーを同時に測定し、一度の測定で眼軸長、角膜曲率半径、角膜収差解析など様々な情報が得られます。加えて、瞳孔径測定や、Tear Break-Up Time、マイボーム腺機能検査などのドライアイ診断の指標となる検査が可能です。

かんたん操作

MYAH の操作はとても簡単。インジケータの指示により位置合わせをし、測定開始ボタンを押すだけです。

多機能 + コンパクトボディ

多機能なのに解析用PC 不要で、省スペースレイアウトでもフィットします。

充実のレポート

多くの情報が一枚のレポートに集約され、
患者さんやそのご家族にも説明しやすいレポートも用意しています。

主な特徴

  • 眼軸長測定と角膜トポグラフィーを同時測定
  • 眼軸長と屈折値の治療前後の変化を一画面でグラフ表示
  • Growth Curves1で本体に保存された眼軸長データを時系列(年齢)グラフに表示
  • 角膜高次収差、瞳孔径計測、コンタクトレンズフィッティングなど様々な解析機能
  • 患者さんにも説明しやすくレイアウトしたレポート

豊富なアプリケーション

MYAH-1
MYAH-2
MYAH-3
previous arrow
next arrow
 

1眼軸長の測定値と年齢をプロットしたグラフ(Growth Curves)と併せて表示する欧州で行われたコホート研究により得られた年齢と眼軸長の相関グラフは、参考データであり、治療方針の決定など診断に用いることはできません。
2患者さんの検査データ(屈折値)をインポートまたは手動で追加

販売名:マルチファンクショントポグラフィー MYAH
医療機器届出番号:13B1X10004000075
製造販売業者:EPJ メディカルサービス株式会社

MYAH_カタログ

お問い合わせフォーム

製品に関する質問から製品デモ、購入に関するお問い合わせは
下記のフォームからお問い合わせください。

こちらのフォームは現在メンテナンス中です。
大変お手数ではございますが、お問い合わせは infomid@topcon.co.jp までご連絡ください。