Endpoint Management™

低侵襲な閾値下パターンスキャン凝固

ベースラインに対し設定したパーセンテージへエネルギー量を低減し、
細胞組織へのダメージを抑えた低侵襲な治療*¹が可能です。
パターンスキャンにより、短時間*²で治療ができるため、
患者さんの負担を軽減することができます。

Endpoint Management機能のメカニズム

独自のアルゴリズムにより照射出力と時間を同時に調整することで、
患者さんごとに必要な照射エネルギーを治療効果が期待できる範囲で設定します。

LANDMARK機能

一部のスポットのエネルギー量を低減せず、治療部位が視認可能なマーカーポイント
(LANDMARK)を残すことができる、PASCAL Synthesis 独自の機能です。 マーカーポイント
(LANDMARK) を残すことにより、瘢痕が見えない閾値下光凝固の施術部位を
確認することができます。

かんたん操作

コントロールパネルに表示されるパターン上の黄色いドットがEndpoint Management 機能にて
設定したエネルギー量で照射する部位を、赤いドットがLANDMARK機能によりエネルギー量の
低減を行わず照射する部位を表します。PASCAL SynthesisのEndpoint Management 機能を
OFF にすることも可能です。

*1 W Pei-pei et.al., ” Randomised clinical trial evaluating best-corrected visual acuity and central macular thickness after 532-nm subthreshold laser grid photocoagulation treatment in diabetic
macular oedema” Eye(2015)29.31 3-322
*2 Lavinsky D, Palanker D. Non Damaging photothermal therapy for the retina: initial clinical experience with chronic central serous retinopathy.Retina. 2015;35(2):213-22.

販売名:眼科用レーザ光凝固装置 PASCAL Synthesis
医療機器承認番号:22500BZX00470000

PASCAL_カタログ

お問い合わせフォーム

製品に関する質問から製品デモ、購入に関するお問い合わせは
下記のフォームからお問い合わせください。