Pattern Scanning Laser Trabeculoplasty

Pattern Scanning Laser Trabeculoplasty 機能

開放隅角緑内障に対するPASCAL Synthesis での治療アプローチ。コンピュータ制御によるパターンレーザ線維柱帯形成術です。周囲の組織破壊を伴わず房水流出抵抗を軽減する開放隅角緑内障の治療法です。*

*http://web.stanford.edu/~palanker/publications/PLT.pdf
Ophthalmic Surgery, Lasers & Imaging· Vol. 41, No. 5, 2010, Patterned Laser Trabeculoplasty,
Mauricio Turati, MD; Felix Gil-Carrasco, MD: Adolfo Morales, MD; Hugo Quiroz-Mercado, MD; Dan
Andersen, BSc; George Marcellino, PhD; Georg Schuele, PhD; Daniel Palanker, PhD

PSLTの特徴

  • レーザ照射により発生する温熱効果を利用し房水流出の抵抗を軽減させ、眼圧下降効果を得ることが可能*1
  • コンピュータ制御によるAuto-advance & rotation を実用化しているため、高精度かつスムーズに照射が可能
  • 再施行が可能

かんたん操作

線維柱帯網の形に合ったアーク状のパターンで短時間、高精度に照射します。また独自のAuto-advance &rotation 技術を使い、照射後(1 ステップ)、パターンが自動的に次の照射位置に進みます。360°(32 ステップ)と180°(16 ステップ)のプランが選べ、照射をスムーズに行うことができます。

1 PSLT Is optional software
2 Mauricio Turati, Felix Gil-Carrasco, Adolfo Morales, Hugo Quiroz-Mercado, Dan Anderson, George Marcellino, Georg Schuele, Daniel Palanker.
“Patterned Laser Trabeculoplasty.” Ophthalmic Surg Lasers Imaging 2010;41: 538-545.

販売名:眼科用レーザ光凝固装置 PASCAL Synthesis
医療機器承認番号:22500BZX00470000

PASCAL_カタログ

お問い合わせフォーム

製品に関する質問から製品デモ、購入に関するお問い合わせは
下記のフォームからお問い合わせください。