パターンスキャンレーザ

PASCALにはスタンフォード大学との共同研究により開発した、独自のレーザ技術を搭載しています。短時間高出力で網膜光凝固を行うことにより、網膜内層や脈絡膜へ侵襲が及ぶ範囲を大幅に少なくし、患者さんの疼痛を軽減します。

HUD-1-(1) image

スリットランプと組み合わせて使用することで、予め眼底カメラで撮影した画像等と施術部位を接眼鏡を通して同時に観察することができ、接眼鏡から眼を離すことなく治療前の最終確認を行えます。

Endpoint Management image

ベースラインに対し設定したパーセンテージへエネルギー量を低減し、細胞組織へのダメージを抑えた低侵襲な治療が可能です。また、パターンスキャンにより、短時間で治療ができるため、患者さんの負担を軽減することができます。

開放隅角緑内障に対するPASCAL Synthesis での治療アプローチ。コンピュータ制御によるパターンレーザ線維柱帯形成術です。周囲の組織破壊を伴わず房水流出抵抗を軽減する開放隅角緑内障の治療法です。